蒸発旅日記

映画を見ても、見ても、忘れていくので
(見てもすぐ忘れてしまうので毎回新しい気持ちで見る事が出来る良い点も)
たまには、感想を書く事にしました。
ただのメモです。

山田勇男監督の「蒸発旅日記」を見ました。

つげ義春原作。

徹底した気狂いの演出と
独特な気持ち悪さがありました。
とてもコントラストの強い映像で妖艶な雰囲気。
非日常の印象が強かったです。

ゆがんだ日常の隙間から非日常が覗いて
びゅーんと連れて行かれる感じがしました。
(相変わらず言葉を知らなくてすみません。)

蒸発した主人公は、津部義男。
出会って間もない女性と
「この人についていって、そこで結婚して暮らそうかな」と
考えるひも的発想と、
結局は、それも実現しない悲しさが愛すべき人物像だなと思いました。

15年くらい前、レイトショーで石井輝男監督の「ねじ式」を見てから
その世界観に驚き、つげ義春氏の漫画を好きになりましたが、
最近は全然読んでいないです。
読んだ事ないのも、たくさんあると思うのでまた読んでみたいです。

「日の戯れ」とか「夏の思い出」とか日常の色が濃いのも好き。
卑しく滑稽な主人公と、奥さんの明るさが良い。